ルール

ルール

リーグ公式ルール



2021年度さわかみ関西独立リーグ公式ルール

公式戦開催方式

① 通年の1ステージ制とし、4〜10月までの間、4球団18回戦総当たりのリーグ戦、計108試合を行います。(1チーム54試合。うちホームゲーム27試合)*雨天振替は行います。
② リーグ戦終了後のチャンピオンシップゲームは行いません。

リーグ戦順位決定方法

① 勝率により決定します。【勝率=勝試合÷(勝試合+負試合)】
② 当該チーム間の直接対戦成績(勝敗数) ※同率の場合
③ 全試合のチーム打率 ※同率かつ同勝敗数の場合
④ 前3項によっても順位が並ぶ場合は、同順位とする。

試合方式

① サスペンデッドゲームは行いません。(コールドゲームの勝敗は野球規則7.01g4注のとおり)
② 指名打者制(野球規則5.11)を採用します。
③ 同点時の延長戦は、最大11回までとし、なお同点の場合は、時間に関係なく引き分けとします。
④ ダブルヘッダー開催日は、両試合とも延長戦は実施しません(9回打ち切り)。

球場事情による時間制限

臨時措置として、試合に制限時刻を設ける場合があります。その場合、制限時刻を迎えた時点で継続中のイニングの終了をもって試合を打ち切ります。
制限時刻を設けた試合では、球場の場内アナウンスにてその旨をお知らせします。

選手・コーチの人数

① 各チームの一軍登録選手数は最大30名、うちベンチ入りは最大25名です。
② 各チームの登録コーチ数は制限なし、うちベンチ入りは最大2名です。

臨時代走

KDLでは、走者が負傷した場合に、中断時間の短縮などを考慮し、審判員の判断で「臨時代走」を活用します。このときの臨時走者は「オーダーの中で打順が一番遠い者(捕手・投手を除く)」です。

タイトル規定数

① 規定打席数は、 チーム試合数×3(打席) です。
② 規定投球回数は、チーム試合数×1(イニング) です。