関西を中心とした野球の独立リーグ公式サイト。プロを目指す選手のサポート・育成。地域社会への貢献、モラル形成の場として活動

新型コロナウイルスの影響で開幕延期―
前代未聞の事態に、今選手たちは何を思っているのか。
オンライン取材で今、過去、そして今後のことを聞いてみました。
第2回は和歌山ファイティングバーズの杉本投手をピックアップ!

 

苦すぎた初登板

2019年6月22日。堺シュライクス対和歌山ファイティングバーズの一戦。チームが同点に追いついた6回裏に出番は突然やってきた。住之江公園野球場で「杉本」の名前がアナウンスされた。まだチームのホームページにも名前が掲載されていない投手の登板。球場は騒然となった。

190センチの高身長が住之江公園野球場の独特な色味の照明に照らし出される。ユニフォームは間に合わず、入団予定だった外国人選手のもの。スタンドには香川から父親が観戦に訪れていた。

しかし辻田寛人に四球、鶴巻璃士の犠打の後、辰巳大晴にタイムリーを浴びた。そして中道勝士を敬遠。打席にはJ・J(ジュリアン・ジョンソン)を迎えた。

無心に投げ込んだストレートは、打った瞬間それとわかるホームランとなり、レフトの場外へ消えていった。

「こんな入団してすぐ投げられるとも思ってなかったんですが、やはり高校と大学の時ともレベルは違いました。外国人選手とも対戦したことはなかったですし、ストレートも自信があったんですが、あんな簡単に飛ばされてしまいました。まだまだ自分の力不足だなと思ったのと、球場の雰囲気も、早い段階で経験できたことはよかったのかなと思います」

杉本大樹の初登板は苦く、そして教訓として今も心の中で生き続けている経験となった。

 

(2019年6月22日、初登板のマウンドに立つ杉本)

 

 

まだ伸びる

「大学4年の春に神宮大会のメンバーにも入れなかったので、どうしようかと思っていました」

プロを多数輩出してきた日本文理大。その当時は投手専門の指導者もいなかった。6月、球団関係者の前でセレクションを受けた。結果は合格。晴れて和歌山ファイティングバーズの一員としてユニフォームに袖を通した。日本ハムファイターズでリリーフやクローザーとして活躍した川原昭二監督が率いるチームだ。

「川原さんに教えてもらいながら、今まで自分でも気づかなかった課題や考え方を知ることができました」

下半身の使い方、内転筋の使い方、力の入れどころ、上半身と下半身の連動方法を一から教わった。意識をして練習に取り組んだら遠投の距離が伸び始めた。そこから球速が伸びてきた。今年に入ってから取り組んだ課題が目に見えて実感として見えてきた。

「今年から入団してではなく、去年から取り組み始めてできてよかったと思います。川原監督からは『もっとうまく(下半身を)使えるようになったら、球速があと5キロは軽く伸びるぞ!』と言われています」

フォームも変わり、自信のあったストレートはシーズン中、少し球速が落ちてきていたそうだが、今年に入り、コンスタントに強いボールが投げられるようになってきた。昨年からの積み重ねがようやく花開こうとしている。

 

 

監督直伝のトレーニング法

現在和歌山ファイティングバーズの練習は、少人数で集まって行うこともあるが、個人での練習が占める割合が高い。それでも練習量を落とさないように工夫をしている。

「ランニングと腹筋。寮にバーベルとシャフトとがあるのでジムに行けないぶんウエイトトレをしています。あとシャドウピッチングは1日絶対50回やろうと決めています」

それだけでも普通にしんどそうだが、それに加えて、あるトレーニング方法を取り入れている。

「なわとび1000回ですね。200回を5セットみたいな感じでやっています。監督が現役時代に夜中にやっていたと聞いたので、マネをしてみようと思い始めました」

なわとび1000回。なんだか簡単そうにも見えてしまうが、試しにやってみたところ、跳び続けるだけでもなかなかにつらい。それを毎日続けてこそ、川原監督のような成績も残せるものなのだろう。

※1983年、ファイターズに所属していた川原監督はリーグトップの59試合に登板。うち先発が2試合ながらもチームトップの145回2/3イニングを投げ、同じくチームトップの11勝を記録。翌年には14セーブを挙げるなど、89年の引退までファイターズのブルペンを支え続けた。

 

 

今季の目標と決意

 

「まだ先発するか抑えをするかというのは言われてないんですけど、どこでも投げても抑えられるようにしたいです。先発なら最優秀防御率と最多勝、奪三振のタイトルは取りたいと思ってやっています」

そのためにはまだスピードやキレ、コントロールを2段階は上げないといけない。見据えるのはNPBからのドラフト指名だ。

「いつ開幕してもいいように今を大事にしないといけないと思います。去年より今年のほうが田辺の人に応援されたり、声をかけられることも増えてきました。田辺の人たちは温かいので、元気を与えられるように頑張りたい。そのために優勝して・・・田辺で優勝決定戦とかやったら盛り上がると思いますし、応援してもらえるようにやっていきたいです」

取材中、杉本の後ろに「頂」と書かれた書物があった。これは小学生のころ自分で書いたものを今も部屋に飾っているものだ。チームとしても、個人としても頂を目指し、開幕に、シーズンに備えていく。

 

(リモート取材中の一幕)

____________________________________

杉本投手が選ぶ さわかみ関西独立リーグ この選手がすごい!

松本昌大(和歌山)・・・どこに投げてもストライクゾーンに入れば芯に当てて打たれた。今年は味方なので頼もしい
草間サトル(06)・・・打者に向かっていく気持ち・姿勢・闘争心がすごい

杉本大樹投手プロフィール

1997年4月24日生まれ 右投げ右打ち

寒川高―日本文理大―和歌山ファイティングバーズ

2019年成績 4試合 0勝1敗0S 防御率36.00

(文・写真 SAZZY)

今回インタビューに答えてくれたのは、和歌山ファイティングバーズのキャプテン、西河洋樹捕手(右)と杉本大樹投手(左)。

同じ寮に住んでいるという理由から、ふたり一緒にインタビューをおこないました。プライベートでも仲が良いというふたりの、さながらケンカ漫才のようなやりとりを、今週と来週2回に分けてお届けします。

 

西河洋樹(ニシカワヒロキ)

birthday:1993.11.15

blood type:AB

height:175cm

weight:77kg

foot size:28cm

favorite color:青

favorite animal:ねこ

nickname :ひろき

dobutsu_uranai:ゾウ。勤勉実直な、堅物だが純粋な人

 

杉本大樹(スギモト ダイキ)

birthday:1997.04.24

blood type:O

height:190cm

weight:94kg

foot size:29cm

favorite color:赤

favorite animal:犬とライオン

nickname :(ウサギ?)

dobutsu_uranai:コアラ。宴会好きな夢追い人

 

 

【1】お互いの印象と自己分析

(幼稚園の頃の西河選手)

杉本「西河さんは優しい人です。ただ、野球や自分自身に対しては厳しいと思います。僕たちが相談をすると答えてくれるし、練習にも付き合ってくれるんですが、それって自分の練習時間が削られるということですよね。でも限られた練習時間で、自分自身のできることを考えて実践しているという気がする。尊敬しています」

西河「杉本はすんごい『かまってちゃん』です。たいてい僕の後ろか横にいます。さみしがりやで、一人だとさみしいんです」

杉本「え!!そんなこと言うなら、僕もさっきの発言取り消します。かまってあげないと西河さんがちょっとさみしそうな顔をするから、僕が西河さんをかまってあげてるんです!」

(それからしばらく「よく言うわ」「そっちこそ」と、小学生男子のように言い合うふたり)

 

(幼いころの杉本大樹投手)

西河「自己分析ですか……自分では自分のことをドジだと思いますね。しっかりしていると言われますけど、抜けてます、いろいろと」

杉本「僕はひとりでいるのが苦手です。休みの日にひとりでいるのなんて無理です。ひとりでいるのは、寝たいときぐらいですね」

(やっぱりさみしがりやなんやん…)

 

【2】スポーツメーカー

西河「メーカーにこだわりはないですけど、グローブの形にはこだわっています。野球道具を見るのがすきで、いいなと思ったものを買ったり、オーダーしたりしていますね。

自分でグローブのひもを変えたり、メンテナンスをしたりするのもすきです。自分の形にしておきたいんです。キャッチャーミットとかも、だいたいいつも同じような形にして使います」

 

(杉本投手のグローブ)

杉本「高校大学はゼット、和歌山に来てからはミズノさんを使っています。僕は『このメーカーがいい』と思ったら全部揃えちゃうタイプ」

 

【3】アルバイト

杉本「休日は、農家さんでアルバイトをしています」

西河「僕も農家さんで働いています」

杉本「西河さんが働いている農家さんと、僕がお世話になっている農家さんが友だちなんです。だから僕が仕事に行ったら『西河は何しとるんや~?』と聞かれたりします」

(めっちゃ仲良しやん……)

 

 

【4】アニメや映画

杉本「この前観たのは……バイオハザード。バイオハザード観たよな?」

西河「バイオハザードはおすすめじゃないやろ……」

杉本「僕の部屋で何人かで観たんですよ、バイオハザード。僕、ホラー系があんまりすきじゃないんですけど、西河さんが無理やり見せてきたんですよ。でも映画の途中でわざわざ部屋を暗くしてきたり、いきなり脅かしてきたりするんで、西河さんと一緒に映画観るのはすきじゃないですね」

 

西河「もしホラー映画がすきなら『IT/イット』がオススメですね。ほかにもいろいろ観ますけど、アニメが多いです。『ダイヤのA(エース)』、『ハイキュー!!』、『黒子のバスケ』とか。ハイキューは見返したりもします。『五等分の花嫁』と『ソードアートオンライン』はすごく面白いですよ」

杉本「ワイルドスピードがすきです。あとはクリード。アクション系がすきですね。バイオハザードとかのホラー系は、誰かと一緒に見るなら大丈夫(笑)」

ふたりのインタビューは、後編へ続く……。

さかたえみ

文・写真 さかたえみ、選手提供

新型コロナウイルスの影響で開幕延期―
前代未聞の事態に、今選手たちは何を思っているのか。
オンライン取材で今、過去、そして今後のことを聞いてみました。
第2回は和歌山ファイティングバーズの新キャプテン、西河捕手をピックアップ!

まだ野球ができる

 

「結果が出なければ野球を辞めないといけないかと思っていたんですが、『まだ野球ができるんだ』と思えた1年でした」

名門クラブチームNOMOベースボールクラブを退団し、トライアウトを受け和歌山ファイティングバーズに入団した西河洋樹。チームの中軸としてチームトップのホームラン4本を放ち、リーグ選抜ではオリックス戦でホームラン、通算でもNPBの投手相手に打率.375もマーク。打者として、キャッチャーとしても十分すぎる成績を残したが、それでも西河がシーズンの終わりにそんな思いを持ったのには理由がある。

「だって開幕戦でホームランを打つまで、これまでの野球人生でホームランというホームランを打ったことがなかったんですから」

 

運命を変えたひと言

高校時代はショートを守っていた。大学時代とクラブチームの時に短期間キャッチャーを守った。2018年11月、トライアウトを受けるにあたり、よりチャンスを掴むためにキャッチャーで勝負することにした。

 

(撮影:@fbbsbush

 

「独立リーグには前々から興味がありました。もちろんNPBに行くために近道になるかなという思いはありましたが、活気があっていいなと思いました」

トライアウトに合格し、和歌山ファイティングバーズへ。そこで開幕までの間に、西河は自分のバッティングを大きく変えることを決意した。

 

「誰に教わったとかではないですけど、メジャーリーグの動画とかを見てバッティングフォームを変えてみました。そうするとだんだん良くなってきて。開幕戦前に川原監督に『力が入りすぎているから抜け』と言われて、打席に入る前にフーッと深呼吸するようにしたら、ボールが本当によく見えるようになって打てるようになりました」

 

昨年の開幕戦、3点を先制された3回表。花園セントラルスタジアムのファンはまだ永田雅樹(06ブルズ)のホームランに沸いていた。その興奮冷めやらぬ中、西河はプロ初打席に立った。草間サトル(06ブルズ)のボールを引っ張りこんだ。これが「初めて打ったホームランらしいホームラン」だった。

 

その後もホームランを打ち、前半戦はホームランランキングを争った。怪我人の出る中、「かつての本職」である内野を守ったり、守ったことのなかった外野手も経験した。リーグ選抜も毎回のように選出された。

「守備は全然問題なく入れました。バッティングは後半ガタガタってきちゃったんですけど、本当にここまでできるなんて思っていなかったです。だから今年はできるところまでやってやろう思ってます。やるからにはホームラン王になってみたいなと思います。目指せるなら、目指すところまで行きたいと思います」

 

(2019年7月25日 リーグ選抜戦で打席に立つ西河)

 

埋められない差はない

2019年5月15日、オリックス・バファローズのファームチームとの対戦。西河は9回に漆原大晟からホームランを放った。そのことを振り返ってこう語る。

 

「投手のスピードやキレは今まで見たものとは全く違うものでした。打った感触も今まで感じたことのない感触でした。ただ、しっかり振って当ててホームランにできているので、到達できないレベルではないのかなと思います」

 

クラブチーム時代には別の独立リーグや社会人のチームとも対戦している。

「技術はともかく、少なくとも力の差はほとんどないと思っています。自分がどこを目指してやっているか、どこに気持ちを置いているか、メンタルの差ですね。相手がプロでも超えられないことはないと思っています。同じ人間なんですから」

 

(2019年6月5日 ロッテ浦和球場にてブルペンから戦況を見つめる)

 

今季の目標と決意

今季からチームのキャプテンにも就任することになった。

「今季から運営会社も変わりましたし、これからもずっと続いていくチームだと思っています。だから今年は応援してくれる人や、地元、地域に愛されるように、活気のあるチームにしていきたいです。そのためにはもちろん勝たないといけない。勝つために個人としてはホームラン王を取りたい。チームとしては優勝が目標です」

 

オープン戦、ファイティングバーズは非常に好調だった。「野球をやるしかない」環境であることもあるが、「地域のために野球をやる」という意識が浸透していることも好調の要因だろう。西河本人が体現したように「超えられない壁はない」のだ。優勝を狙うチームの中心として今も限られた時間の中でトレーニングを続けている。

 

____________________________________

 

西河捕手が選ぶ さわかみ関西独立リーグ この選手がすごい!

 

  • 小山一樹(兵庫)・・・同じキャッチャーとして打撃も肩もすごい。見てても打ちそうな雰囲気がある。
  • 吉田亘輝(堺)・・・コントロールとスライダーがいい。去年何度も対戦してライバル心を持っている。どこまで成長するか期待したい。
  • 蜂谷崇紘(和歌山)・・・とにかく肩がすごい。肩だけならリーグ1だと思う。肩きっかけで興味を持ってあげてほしい。

 

西河洋樹捕手プロフィール

1993年11月15日生まれ 右投げ右打ち

三田松聖高―兵庫大学―NOMOベースボールクラブ―和歌山ファイティングバーズ

2019年成績 43試合 打率.285(158-45) 4本塁打  18打点 盗塁14

 

(文・写真 SAZZY

06ブルズ若き期待の大砲、永田雅樹。まだあどけなさが残る20歳。永田選手の、side P(プライベート)を探ります。

 

(PHOTO BY すだこ

 
永田 雅樹(ナガタ マサキ)
birthday:1999.12.07

blood type:B

height:175cm

weight:92kg

foot size:27.5cm

favorite color:赤

favorite animal:犬

nickname :せごどん

dobutsu_uranai:狼。誠実で律儀な超変わり者

 

【1】自己分析

 

自分では自分のことを「よくわからん人間」だと思います。

 

たぶんチームメイトからも「何を考えているかわからない」「悩み事がなさそう」と思われているんじゃないですかね。実際にぼく、あんまり深く考え込まないので、悩み事ってないですね。

 

いい意味で、なんでも適当なんです。

 

 

【2】スポーツメーカー

 

 

スポーツメーカーに特にこだわりはありませんが、今使っているグローブは「スラッガー」です。軽いところがいいです。

 

私服はゆったりめのものを着ます。ゆったりしてて、お腹が出ない服ですね(笑)

アウトレットが好きなんで、ドライブがてら竜王(滋賀県)まで服を買いに行ったりもします。

 

【3】アルバイト

 

運送業と居酒屋でアルバイトをしてます。個人宅に配達するのではなく、工場へ配送する仕事です。

 

(コロナウィルスの影響で運送業は大変だと言われていますが)ぼくのところは今のところ、忙しすぎたり仕事がなかったりとかはありません。

 

【4】ホラー映画

 

ホラー映画をよく見ます。

 

オススメは「エスター」です。エスターはほんと、スキな映画ですね。

あとは「パージ」かな。お化けの怖さじゃなくて、人間の怖さを扱っている映画です。1年に1日だけ、すべての犯罪が合法化されるアメリカのお話なんですよ。

 

ぼく、こわくてこわくて、怯えるのがスキなんです(えへへと照れ笑い)

 

【5】オフの過ごし方

 

(PHOTO BY すだこ

 

アルバイト以外はみんなで遊びに行くことが多いです。

麻雀……ボウリング……カラオケ、夏だったら海にも行きますね。

 

中でもボウリングがスキかなぁ。ぼくと奥田さん(奥田一弘選手)、昨シーズンで引退した上村(健斗)さんと退団した山口(魁斗)さんで、夜通しボーリングに行って47ゲーム投げたこともあります。翌日、右腕がパンパンになりました。

 

スコアは最高250ぐらいですかね。これでもまだまだなんです。上村さんと山口さんがおそろしいほど強くて、270オーバー出したこともあるから。ぼくは修行させてもらってます。

 

 

(「それだけ投げて、その日練習に差し支えなかったんですか?」と聞くと「差し支えは……ありましたね……」と、きまりの悪そうな顔をしながらも、懐かしそうに振り返っていました。)

 

【6】チームメート

 

 

あ!この前、成人式だったんですよ!その日はたくさんお酒を飲みました。成人してからは、よく飲みにも行きます。

 

お酒はスキで、けっこう強い方だと思います。出身地が鹿児島なので焼酎と言いたいところですが、好きなお酒は生中です!

 

よく飲みに行くのは白戸(颯)さんと山口さんですね。その他にも色んな人と飲みに行きます。

一番いっしょにいる時間が長いのは、白戸さんです。白戸さんとは宅飲みもしますね。試合の後だったら、試合を振り返って反省会をしたりもしますけど、楽しく過ごしたいから基本はふざけた話ばっかりしています。「あそこの店の店員さんが可愛かったなぁ」とか、そういうとりとめのない話ですね(笑)

 

 

【とっておきの1枚(高校時代)】

 

 

高校3年生の夏、野球部を引退した次の日に、友だちと海に行きました。

当時の体重は70kg。現在92kgなので約20kg増量したことになります。

 

【取材後記】

インタビュー中、チームメイトの名前を次々に挙げては、人懐っこい笑顔を見せる永田選手。自分では「まわりのみなさんにお世話になっているだけ」と否定しますが、周囲からかわいがられる愛されキャラです。会話に混じる鹿児島弁のイントネーションも、親しみやすさを感じる理由のひとつかもしれません。

 

 

打席に立つ永田選手は、プライベートとは打って変わって精悍な顔つきを見せます。

打席で見せる真剣なまなざしを確かめに、球場へ足を運んでみませんか。

 

(文:さかたえみ 写真:さかたえみ、すだこ、永田選手提供)

 

新型コロナウイルスの影響で開幕延期―

前代未聞の事態に、今選手たちは何を思っているのか。

オンライン取材で今、過去、そして今後のことを聞いてみました。

第2回は06ブルズ期待の長距離砲、永田内野手をピックアップ!

 

ひょんな縁から関西へ

 

縁とは不思議なものだ。鹿児島の野球少年だった永田雅樹を東大阪に連れてくるのだから。なぜブルズに入団したかを聞いたら、驚くべき答えが返ってきた。

 

「小学生の時に鹿児島のゴルフ場でバッティング練習してたんですよ。そしたら『俺野球やってたからバッティング教えてやろうか』っていうおじさんがいて。

そのおじさんと知り合いになって、その方が村上さん(村上隆行前監督)の知り合いで。で、野球の進路を決めるときにバッティングを教えてもらうなら村上さんがいいという話になって、ダメもとでトライアウトを受けたら合格しました」

 

知り合いの縁でブルズにたどり着くのもすごいが、その『野球をやってたおじさん』とは、大洋、ロッテ、オリックスで活躍した元プロ野球選手・斉藤巧さんだったという。当時、鹿児島でクラブチームのコーチを務めていた記録がある。

 

10年前あたりから永田少年が東大阪にやってくる運命の歯車が回り始めていた。

 

課題と目標

 

2019年3月31日。関西独立リーグ初戦。2回裏、チャンスで回ってきた打席。

和歌山ファイティングバーズの先発・遠藤智騎(現BC福島)のボールを振りぬくと、レフトに高々と打球は舞い上がった。リーグ1号ホームランだった。

 

ブルズベンチが沸き立った。

 

 

(2019年3月31日 先制本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる永田)

 

その後も下位打線を担い、シーズンを通してリーグ4位の6本塁打を記録。19歳の若武者が残す成績としては十分すぎる成績だが、永田本人はこう語っている。

 

「1年目に長打が打てなくて、2年目の去年はもっと長打が打ちたいとなったんですけど、次はもっと確率を上げないといけないなと思いました」

 

打率.237はリーグ31位だった。それを3割に乗せたいと語った。

 

「今まだ開幕できていないのですが、普通に開幕していたら3割12本塁打を目標にしていました。できるのならば打撃タイトルはすべて取りたい。

白戸(颯)さんや出口(航平)さん、奥田(一弘)さん、孫入(優希)さん(現四国IL高知)さんにアドバイスをもらって、体を大きくしたり、細かい動きができるようにトレーニングをしています」

 

4番を打ちたい

 

一方で村田辰美監督、桜井広大打撃コーチからは別のことを指摘されているという。

 

「もっと自分が主軸を打つという自覚を持て、意識しろ、明確な目標を持てと言われ続けています」

 

過去2年にわたり4番を打っていた孫入が移籍。オープン戦もいろいろな打順が試されたが、クリーンアップは固まっていない。

 

「去年は『上位打線を打てるようにならなきゃだめだぞ』と監督やコーチに言われていたんですが、孫入さんがいなくなった今年は『4番を打たなきゃだめだ。いつまでも下(の年齢)だと思っていたらだめだ』と言われ続けています」

 

そして昨年は一塁がメインだったが、今季は三塁を守る予定だという。

 

「坂(克彦)さん(現BC茨城監督)に二年前いろいろ三塁の守備について教えてもらってたんですが、それを思い出しながら守備は練習しています」

 

 

一塁も三塁も、そして4番の座を狙うライバルもチームにはたくさんいるが、押しのけてこそ価値がある。

「4番打ちたいですね。チャンスにランナーが巡ってくるところで打ちたいです」

 

今季の目標と決意

 

 

(2019年3月31日 ホームランを放ち、笑顔で三塁を回る永田)

 

「結果を出す、勝負事には勝つ、ですね」

今年1月に成人式を迎えたばかりの若者が3年目のシーズンに向かう。

「バッティングだけは負けたくないです。全力でプレーするのでぜひ足を運んで見に来てください!」

 

来るべき開幕の日まで、己をしっかり磨き続ける。そうすれば、「4番サード・永田」のアナウンスが出迎えてくれるはずだ。永田のパワーが、打球が、人々を驚かせる日も、そう遠くない。

 

 

————————————————————————————————————–

永田内野手が選ぶ さわかみ関西独立リーグ この選手がすごい!

 

  • 出口航平(06)・・・率も残せるし、パワーもある
  • 白戸颯(06)・・・速い球を投げられるのがすごい
  • 奥田一弘(06)・・・パワーもあって足もあって肩もあって守備もうまい

 

永田雅樹内野手プロフィール

1999年12月7日生まれ 右投げ右打ち

鹿児島城西高―06ブルズ

2019年成績 44試合 打率.237(156-37) 6本塁打  29打点 5盗塁

 

(文・写真 SAZZY

 

 

 

今回も06ブルズのエース、川咲寛司投手をフィーチャー。前回は、野球(ベースボール)に焦点をあてたsideB、今回はプライベートに焦点をあてたsidePです。マウンド上では飄々として見える彼の、プライベートをご紹介します。

 

川咲 寛司(カワサキ カンジ)

birthday:1997.09.11

blood type:O

height:170cm

weight:74kg

foot size:27cm

favorite color:緑

favorite animal:シマリス

nickname :かんちゃん

dobutsu_uranai:黒ひょう。プライド重視の平和主義者

 

【1】自己分析

 

 

自分では自分のことを「すごく真面目でいい人」だと思っています。

でもまわりからは言われないですね…。チームメイトからは「あんまり怒るなよ」と、よく言われます。そのあたり、本当はどうなのか、ほかの選手に聞いてみてください(笑)

 

(自分のことを「すごく真面目でいい人」と言いながら爆笑していた川咲投手。チームメイトの永田選手に裏取りしたところ「ほんとにすごく真面目です」とお墨付きをいただきました。怒っているイメージはないそうです。)

 

【2】スポーツメーカー

 

 

スポーツメーカーに特にこだわりはありませんが、試合用のグローブはミズノさんを使わせてもらっています。使いやすいし、じょうぶで長持ちするんです。

 

お金がたくさんあるわけではないので、野球用品も私服も、コスパ重視です。

 

【3】アルバイト

 

近くのスーパーマーケットとUber Eats(ウーバーイーツ)でアルバイトをしています。ウーバーイーツのアルバイトは、チーム内でも流行ってるんですよ。

 

堺市内の注文なら、ぼくがお届けに行く可能性もあります!ぜひ利用してください!!

 

【4】はじめの一歩

 

 

兄の影響でマンガをよく読みます。ワンピースは当然!として、ちょっと古いんですけど「北斗の拳」や「るろうに剣心」。あと「はじめの一歩」とか。

 

「はじめの一歩」は、今ちょっと展開がじれったいんですよねぇ……。一歩と宮田君とは、そろそろ対戦しそうな感じもするんですけど……。

 

(はじめの一歩は週刊マガジンで連載中のボクシング漫画。現在なんと127巻。)

 

【5】オフの過ごし方

 

 

ぼく、春と秋の夜の空気が好きなんですよ、気持ちよくて。だから、心の赴くままにふらーっと散歩をします。(人と比べて)ちょっと変わってるかもしれないんですけど。

 

音楽を聴いたり聴かなかったりは、そのときの気分ですね。ちなみに、好きな歌手はイーガールズです。

 

友達と日帰り旅行なんかもします。

夏の二色浜でのバーベキュー、チームメートと行った伊勢のパールロードが楽しかったです!

 

【6】チームメイト

 

基本的にみんな仲がいいです。昨年は、杉本、草間さん、出口さんとよく車の乗り合わせをして試合に行っていました。

いつもしょうもない話をしていて、野球の話はあんまりしないです(笑)

大学生みたいな感じでワチャワチャしてます。

 

【とっておきの1枚(高校時代)】

 

高校時代は全然練習しなかったので、ガリガリでした。割り箸みたいでしたもん(笑)

当時55kgだった体重は、現在74kgです。練習やウエイトトレーニングで体重を増やしました。

 

【取材後記】

球場などで挨拶を交わすことはあったにせよ、ちゃんとした取材は初めて。やや緊張しながらZOOMに入室すると、「家族が家の中で仕事をしているので」と車の中から取材対応してくれる川咲投手の姿がありました。

 

事前打ち合わせのやりとり(メール)は、丁寧で礼儀正しい、という印象。取材前には「服装や準備していくものはありますか?」「通信環境が良くないのですが大丈夫ですか?」と確認メールをくれるなど、自他ともに認める真面目さがうかがえました。

 

取材中はよく笑い、こちらの質問にテンポよく答えていく川咲投手。相手の求めているものを想像できる人なんだろうな、と感じた35分でした。

ウーバーイーツの配達や休日のお出かけに、堺へよく行くという川咲投手。堺のどこかで、マウンド上とは違った表情の川咲投手に出会えるかもしれません。

 

(文:さかたえみ  写真:さかたえみ、川咲投手提供)

新型コロナウイルスの影響で開幕延期―
前代未聞の事態に、今選手たちは何を思っているのか。
オンライン取材で今、過去、そして今後のことを聞いてみました。
第1回は06ブルズのエース、川咲投手をピックアップ!

 

野球って楽しいな

「今野球ができない状況を考えると、野球って本当に楽しいんだなって思います」

 06ブルズのエース、川咲寛司投手がふと言った。

緊急事態宣言後、ブルズの本拠地、花園セントラルスタジアムは使用不可となった。そのためチーム全体練習ができなくなっている。

 

「本格的な練習はできないですね。集まっても家の近い選手数人でキャッチボールができたらいいほうです。今はフィジカルトレーニングとか、ランニングとか公園を使ってネットスローをしたりしています」

 

課題と目標

 高校時代は野手で、八尾ベースボールクラブ入団後に投手に転向。トレーニングを重ねていくうちに結果が出たことで、上のレベルを目指したくなった。そして兄・勇司さんがかつて在籍していた縁もあり、2018年途中に06ブルズに入団した。

 

2年目の昨年は、主に先発で10勝3敗、最多勝のタイトルも獲得した。開幕からコンスタントに勝ちを重ねたが、苦しいシーズンだったという。

 

「去年初めて1年間シーズン通して投げることになったのですが、調整など、しんどいシーズンでした。

 

試合が進んでいくごとに体にハリとかが出てくるようになり、村田監督や草間(サトル)さんに調整方法やケアについてのアドバイスをもらいながらなんとか1年やり切った感じでした。

 

最多勝は獲得したものの、『これでいけるんじゃないか』という手ごたえみたいなものはなく、毎試合必死に投げているうちに、タイトルを獲っていたという感じでした」

 

(2019年6月29日 花園セントラルスタジアム)

 

さらなるレベルアップに向けて

2019年6月5日、関西独立リーグ選抜と千葉ロッテマリーンズ二軍との一戦。

 

2回裏の二死一二塁という場面で出番はやってきた。

 相手打者は細谷圭。チャンスにはめっぽう強いクラッチヒッターだ。


その1球目を細谷は狙ったが、打球は力ないファーストゴロとなった。細谷は何を打ったのかがわからないといったような表情で天を仰いでいた。投げたのはアウトコースのスライダーだったという。

 

そのあとも投げ続け、ピンチこそ背負ったが、2回1/3イニングを淡々と、無失点に抑えた。

 

「いつも捕手の山北(耕平)さんと、バッターが嫌がる配球について話をしています」

そう語るように、ゴロアウトやポップフライが非常に多い。カーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシームを駆使し、打たせて取る。川咲が投げると試合のテンポが速い。

 

「でもNPBのバッターは甘いところを見逃してくれないですね。ちょっと甘いところに行ったなと思ってもこのリーグなら打ち損じてくれますが、NPB相手だと甘いところに入ったらまず見逃さないですし、ミスショットも少ない。それをすごく思いました」

 

そういったことも踏まえ、今季テーマにしていることがある。

 

「三振を取りに行くときに三振を獲れるようになりたいです。先発すると長いイニングを投げないといけないので、バランスが難しいんですが・・・オープン戦は結構三振を獲れていたので、もっとレベルアップしていきたいなと思っています」

 

  今、練習ができないことについても大変だというがこれについてはきっぱりとこう言った。

 

 「もっと長いイニングを投げないといけないとは思いますし、球速もコントロールもよくしないといけない。開幕はできないんですが、NPBに行くことは変わらないのでそこに向けてトレーニングをやるしかないなと思っています」

 

印象に残る試合-50分後のストライク

 

8月25日、堺シュライクス戦に先発した川咲。しかし7回二死、カウント3ボール2ストライクとなったところで突如大雨が降りだした。そこから50分ほどの中断が始まった。

 

グラウンドは水が浮き、とても野球ができる状況ではなかったが、試合は再開された。

(中断直後のスコアボード 50分後、この状態から再開された)

 

この中断後、1球でストライク・見逃し三振を取りチェンジ。8回表の攻撃中に再度大雨が降り、ブルズが降雨コールドで勝利を収めた。

 

「シャワーを浴びながら試合をしているようでした。ストライクが取れたのはたまたまでした」というが、グラウンドがぬかるむ中で、きっちりストライクを取ったのはさすがの一言だ。

 

今季の目標と決意

 

 「個人としてはNPBに行くというのが大前提の目標です。そしてチームとしてはあと一歩のところで優勝できなかったので、今年こそ優勝して東大阪市を元気にするきっかけになったらいいなと思っています」

 

 開幕はまだ不透明だ。しかし、その決意をもって練習を続けていれば、きっと恐れるものはない。開幕戦のマウンドで圧倒的なパフォーマンスを、そして秋に笑えるように川咲はその日を見据えトレーニングを続けていく。

 

———————————————————————————————————————————–

 

川咲投手が選ぶ さわかみ関西独立リーグ この選手がすごい!

 

  • 出口航平(06)・・・トレーニングがストイック、食べる量も運動量も半端じゃない。一人違う世界にいるような気がする
  • 岡田海(和歌山)・・・ストレートも早いし、三振を取ることができるのがすごい
  • 吉田亘輝(堺)・・・コントロールがよく三振が取れる。

 

川咲寛司投手プロフィール

1997年9月11日生まれ 右投げ左打ち

阪南大高―八尾ベースボールクラブ―06ブルズ

2019年成績 17試合 10勝3敗 防御率3.65

 

(文・写真 SAZZY)

2020年1月、関西独立リーグは、一般財団法人さわかみ財団(以下さわかみ財団)とネーミングライツ契約を締結しました。今シーズンは「さわかみ関西独立リーグ」として始動します。

 

そこで今回は、さわかみ関西独立リーグの代表理事を務める仲木と、さわかみ財団代表理事である澤上篤人さんの対談をおこないました。

 

プライベートでも親交の深いお二人。ネーミングライツ契約締結までの経緯と、さわかみ関西独立リーグの今後について、熱く語っています。

(文:さかたえみ  写真:さかたえみ、SAZZY)

 

 

東京の親父と息子の信頼関係

 

 

–澤上さんと仲木さんは旧知の仲だということですが、お二人の関係はいつから始まったんでしょうか?

 

澤上さん
澤上さん
さわかみ投信(株)に、仲木が履歴書持参で飛び込んで来たのが、そもそものはじまりだね。その場で採用を即決した。

決め手は、関西大学でバスケのキャプテンをやっていたという一言。私も大学でサッカー部のキャプテンをした経験があり、おもしろいと思った。

 

そおそお!確か16年前、2004年の9月頃です。澤上さんとの面接時間は5分!

で、面接後にニヤッと笑って「時間あるか?」と席を立たれましたね。
戻ってこられた時には、両手に発泡酒を2本持ってきて「呑もう!」って。どこのメーカーかよう分からん発泡酒でした(笑)あの発泡酒は不味かった……。

仲木
仲木

 

–面接時間5分ですか!ビビビときた出会いだったんですね。発泡酒のメーカーが気になります(笑)

その出会いから16年。ビジネスパートナーとして、今お互いにどのような印象をお持ちでしょうか?

 

澤上さん
澤上さん
仲木は直感が鋭く、いつでも全体像を把握しようとする人間だね。行動力があり、すぐすっ飛んでいくスピード感も抜群。グダグダのおしゃべり抜きで、物事の核心に迫れるから、お互い話が早い。

 

人間として大切にしていることが近いんやと思います。さわかみ投信時代は、5年ほどカバン持ちのようにほぼ毎日一緒に行動してたんで「一挙手一投足」すべて学ばせてもらいました。学ぶというより、真似る、「全部視る」って感じです。

パートナーというより、澤上さんは東京の親父みたいな存在ですよ、ほんまに。それでも、違うことには違うと、率直に意見させてもらうこともあります。当たり前ですが、事を成すために遠慮は必要ないですから。

仲木
仲木

 

関西独立リーグへの支援は、信頼の証

 

 

–さわかみ財団は、理念として6つの挑戦を掲げておられ、そのひとつに「スポーツの文化をつくる、育てる」があります。関西独立リーグへの支援もその一環ですよね。

ほかにも独立リーグや球団が多くある中で、関西独立リーグを支援されたのは何故でしょうか。

 

 

澤上さん
澤上さん
たまたま仲木がやっていたのが関西独立リーグだから、手伝おうかとなった。

 

いやー、ほんまにありがたい。まずはやってみようって、信頼されているってことなんで。

だからこそ私は、さわかみ関西独立リーグの運営は、信頼されるに足る人間たちとやっていく。そう決めています。

仲木
仲木

さわかみ財団の理念と一致した関西独立リーグへの支援

 

–お二人の信頼関係に加えて、地域社会と密接な関係にある独立リーグへの支援は、さわかみ財団の理念と一致すると思います。(さわかみ財団は、理念の一つとして、「地域社会の自立促進および活性化に関する啓蒙・指導・助言業務」を掲げている)

 

さわかみ関西独立リーグと地域との関わりについて、どのようにお考えですか?

 

澤上さん
澤上さん
地域経済や社会の活性化は、「地元の人間が、地元のお金を使って」が原則。さわかみ関西独立リーグでも、どれだけ地元の人たちを巻き込んで「盛り上がりの輪」を広げていけるかが問われる。

選手たちも野球が好きで打ち込むのは当然として、日ごろの生活でも地域とのつながりを積極的に求めていくべし!

 

 

私はリーグ代表になったとき、リーグの理念を3つ掲げました。

その筆頭が “球道無限”。野球を究める求道者という意味です。選手は求道者たれ!と。

2つ目が、自立した野球人たれ”

さまざまな形での応援があるからこそ自分たちは野球ができるということ、野球人・アスリートも社会というチームの一員であるということ、このことを肝に銘じて欲しい。

そして3つ目が“グローカル”。グローバルとローカルを掛け合わせた言葉です。

これからますます選手や球団、リーグが地域に貢献するためには、世界中のマーケットを意識した、グローバルな展開が必須になってくるでしょう。

例えば、豪州のチームや、まだ野球先進国ではないフィリピンやインドなどで構成された東南アジア球団などがあれば、ワクワクしますよね。

仲木
仲木

 

個性を自由自在に発揮して、集団のパワーを見せつけてほしい

 

 

–今後のさわかみ関西独立リーグに対して、澤上さんが期待することは何でしょう?

 

澤上さん
澤上さん
日本は何もかも一律にしたがるし、組織での序列にしがみつく習慣が根強い。そういった、型にはめたがる一元組織から飛び出た人間たちの集まりが、独立リーグ。

それぞれの個性を自由自在に発揮する、集団のパワーというものを、世に見せつけてやりたいものだね。

 

ハハハ、澤上さんらしい発言です。

私がこのリーグの代表になって、今シーズンで5期目になります。存続さえ危ぶまれていた状況で就任しましたが、ご支援のおかげもありなんとか持ちこたえてきました(笑)

仲木
仲木

 

地域の人に愛され、誇りに思われる人間たれ

 

–最後にお二人からメッセージをお願いします。

 

2019年の12月頃に「あっ、これならいける!」と手応えを感じ「“さわかみ関西独立リーグ”として応援してください」と提案させていただきました。

手応えの理由は、信頼できる事務局スタッフが揃いつつあるということ。そしてリスペクトできる経営者が球団運営に参画してくれたこと。これが非常に大きい。

一人は、昨シーズン(2019年)堺シュライクス(堺市)を立ち上げ、リーグに参入してくれた松本さん。

もう一人は、尹さん。かなり厳しい状況下にあった和歌山ファイティングバーズ(田辺市)に、シーズン終盤から多大なご支援をいただきました。そして新生和歌山ファイティングバーズとして、球団運営を決断してくれた。

彼らとの最初の出会いは、今でも鮮明に覚えています!

堺シュライクス、和歌山ファイティングバーズ、そしてずっとこのリーグを支えてきた兵庫ブルーサンダーズ(三田市)、大阪06ブルズ(東大阪市)とともに、澤上さんの期待以上の勢いをお見せします!

仲木
仲木

 

 

澤上さん
澤上さん
野球に限らず、すべて結果のみ。どう汗を流して、どんな結果を出したかでもって、世の中は人を判断する。結果といっても、(世間は)試合や年間の成績だけを見ているのではない。

さわかみ関西独立リーグの頑張りようは、チームとしても個人としても、毎日見られているということだ。チームや個人、リーグの頑張りようも結果の一部。

ともかくも、地元の人たちに愛され、地元の人たちの誇りとなるよう、一人一人が意識して頑張ってほしい。

 

 

一般財団法人さわかみ財団

所在地  〒102-0082 東京都千代田区一番町29番地2 4階

設立      2009年10月23日

事業内容             社会貢献事業等

URL  https://sawakami.org/

開幕に向けて練習に励む選手たちの様子を、4回にわたってお届けする企画。

2回目は、大阪府東大阪市に本拠地をおく06ブルズです。

 

さすが大阪。逆境でも笑いを絶やさない選手たち

新型コロナウィルスの感染者が複数出ている大阪。その影響で、練習場所の確保など、困難なこともあったのでは……と心配していましたが、選手たちはみな明るい表情でした。

 

冗談を言い合い、笑いあう様子はさすが大阪といったところでしょうか。和気あいあいという言葉がピッタリです。

 

 

もちろん、練習はしっかりと取り組んでいます。声を出し合い、きびきびと動いていました。

 

「何をすべきか考えて練習に取り組む」村田監督

 

06ブルズを率いるのは、村田辰美監督です。「年中夢求」は、監督自筆のキャッチフレーズ。キャッチフレーズや座右の銘について聞かれ頭を抱える選手達の様子を見て、村田監督が率先して書かれたものです。

 

監督は「ええキャッチコピーやろ?」と笑いかけながら、悩む選手達の行動を促していました。(キャッチコピーは別の企画で使用しますので、お楽しみに!)

 

「昨日試合があったから、決して無理はしないように。開幕に向けてゲームで良いパフォーマンスを残すために、個人個人で何ができるか考えて練習に取り組んで」と練習前に言葉をかけた村田監督。この日はオープン戦2連戦の翌日だったため、選手たちのコンディションを気づかっていました。

新型コロナウィルスの影響を質問したところ「今のところはチームに大きな影響はない」とキッパリ。力強い答えにホッと一安心です。

 

「今年のチームは、新入団選手が想像以上に走攻守で戦力となり得る力を持っています。それが残留した選手の刺激となり、チーム力が上がっているように感じます。

 

野手には2ポジションを守れるように伝えていますので、全員を試合に使っていけると考えています。

 

不安な面は、バッテリーで捕手の送球(刺殺率)と中継ぎ投手の制球力ですかね」

 

「新型コロナウィルスの拡大で、東京オリンピック・パラリンピックが延期になり、プロ野球(NPB)も他のスポーツやイベントも、延期や中止になりました。関西独立リーグの開幕延期も、やむを得ないことと感じています。

 

こんな時だからこそ、チームは野球ファンやスポンサー様や協賛者や東大阪市民の皆さんに、野球で夢と感動と勇気を与えられるよう、全力でプレーしたい。ゲームセットまで諦めないプレーを心がけて参ります。

 

たくさんの方のご観戦、ご声援、ご支援を、よろしくお願い申し上げます」

「団結力を強化し、リーグ優勝を」雄一キャプテン

 

今シーズン、チームのキャプテンを任されたのは雄一選手。チームをまとめていく大変さを実感しながら、自分らしいキャプテン像を模索している様子です。

 

「今年は、個々の能力がすごく高いです。キャプテン、副キャプテン(虎弥太選手、杉本光希選手)ともにまだ若いので、年下の選手もコミュニケーションが取りやすいと思います。チームの雰囲気を明るくし、団結力を強め、リーグ優勝を勝ち取りいたいです!」

 

「チームをまとめるのは大変です。いかに今までが楽だったのかを実感しました。昨年のキャプテンの上村さんは最年長で、グイグイ引っ張って行く方でした。

 

だから選手たちも、きっと昨年と今年との違いに戸惑ったと思います。でも、自分のよさを貫き通していこうと思いました」

 

「個人の目標は、全てにおいて去年の自分を超えることです。あと、弟には負けません」

 

(雄一キャプテンの弟、洋平選手。弟も兄へのライバル心を抱いている……?)

 

今年こそはリーグ優勝を

 

昨年、残念ながらリーグ優勝を逃してしまった06ブルズ。その悔しさをバネに、今年こそは優勝を狙っています。

 

永峰球団代表からも、今年のチーム状態と開幕への思いについて、メッセージが届きました。

 

「今年のチームは、例年通り、打線に火がつけば止まらない爆発力を持っている感じがします。

 

色んなことに気がつき緻密で分析が出来る雄一が新キャプテンに就任しました。これにより、例年のお祭り野球的な部分に、ディフェンス、オフェンス共に細かいプレーがプラスされていくと思います。

 

虎弥太、杉本両副キャプテンと共に、お祭り野球に緻密な部分を兼ね備えたチームになるよう、まとめていってほしいです」

 

「リーグの開幕が延期になってしまいましたが、野球というスポーツで皆様に少しでも笑顔になっていただけるよう、リーグ全体で開幕へ向けて取り組んでまいります。

 

皆様と球場でお会い出来る日を楽しみにしております。今後とも、変わらぬご声援を何卒、よろしくお願いいたします」

 

攻撃は最大の防御という言葉どおり、相手を打ち負かしていくのでしょうか。

 

それとも投手陣もパワーあふれる投球で、相手を押さえ込んでいくのでしょうか。

 

シーズン開幕まであと少し。今年も力強い06ブルズから目が離せません。

 

06ブルズ(06BULLS)

 

(文・写真 さかたえみ)

 

開幕に向けて練習に励む選手たちの様子を、4回にわたってお届けする企画。
2回目は、大阪府堺市に本拠地を置く堺シュライクスです。


この日は、試合と試合の合間の日。サインプレーについて確認しあう監督とコーチと選手たち。オープン戦も終盤。開幕を見据えて練習にも熱が入っていく。

 

練習を見続けていると、去年に比べ、チームは格段に明るくなった。新加入の樋口勇次が内野から声を出し続ける。走るだけでヘロヘロになっていた投手陣は笑いながら走り込みを続けるようになった。昨年までいた選手と今年から入団した選手のいい相乗効果が見える。

 

大西監督が見るチーム―去年より今年

―今年ここまでのチームを見ていかがですか?
大西監督「間違いなく去年より今年がいい。去年の今頃と比べたら、選手の意識であったり行動がチームとしてだいぶ成長している。去年から僕や藤江(均コーチ)が口酸っぱく伝えてきたことが、それがちょっとずつ数センチ数メートル浸透してきた。」

―注目の選手は
「キャプテンの丹羽竜次。大友健史も面白いし、大神康輔はオープン戦ずっとコンスタントに打ち続けている。もちろん投手なら吉田亘輝やけどね。」
「丹羽は去年の今頃は練習の態度とかもイマイチで『どうしたものか』と思っていた選手の一人だったけど、この1年間で人間的にも大きく成長したんじゃないかな?選手間での投票と首脳陣会議で決めたけれど、これなら任せられると思った。」

―堺での開幕を待つファンにメッセージを
「『堺シュライクス』というチーム名ながら、堺で試合ができなかったが、今年から地元堺で、監督コーチ、選手、そして去年から応援してくれていたファンの皆様と一緒に、愛される球団というところを目指してやっていきたい。そのためにはよくない試合はできないので、グラウンドでは厳しく、いいプレーを見せられるように、子供たちに夢のあるプレーを見せられるような選手を育てられるようにしていきたい。」

 

「完璧に抑えたい」-吉田亘輝

2019年シーズンは10勝を挙げ、最多勝のタイトルも獲得した吉田亘輝投手。
投手のまとめ役になることを志願し、練習中にも先輩後輩問わずにアドバイスを送り、課題をフィードバックしている。

―ここまでの調整は
「すごく順調です」
―昨年最多勝を獲得したが、1年目はどのようなシーズンだったか
「1年間そこまで投げることがなかったのでいろいろ考えることもあり、しんどいシーズンでした。10勝は挙げたが、自分で納得のいく投球ができたのは3試合ぐらい。ほとんど野手のおかげでした」
―ここまで投手陣の中心になるシーンが多くみられる
「去年1年終わって、オフになったときに『自分が引っ張らないといけない』と思い、年齢的に上にも下にも言いやすいと思うので、自分がまとめていこうと思いました」

 

(投手と捕手に意見を伝える吉田亘輝)

―今年はどのような投手になっていきたいか
「個人としてもそうですが、チームとして『投手の力で勝った』試合をもっと増やしたいと思います。個人としては圧倒的に、完璧に抑えるようになりたいです。奪三振以外の投手タイトルは全部取りたいです」
―ファンの皆さんに一言
「昨年は最下位でしたが、今年は優勝してファンの皆さんと喜びを分かち合いたいです。よろしくおねがいします」

 

松本祥太郎オーナーより
―今年のチームの印象はいかがですか
「去年から在籍してくれている選手が、ちゃんと1年かけてしんどい練習を乗り越えて成長していることがうれしい。新入団選手もいい刺激を受けているのではないかと思っています」
―開幕に向けて、意気込みを聞かせてください
「優勝することはもちろんですが、1人でも多くNPBに選手を出したいと思っています。そして堺という地域に、昨年以上にアピールしたい。堺市を盛り上げていきたいです」

 

シュライクスは今季から本拠地が堺市中区のくら寿司スタジアム堺に移る。堺にプロ野球の本拠ができるのは、1988年の南海ホークスの二軍チーム以来となる。
開幕は延期となってしまったが、新球場で躍動するシュライクスナインを見る日が待ち遠しい。

堺シュライクス
・2018年創立、2019年より関西独立リーグに参入
・チームカラーは緑
・マスコットはライパチ
・今季よりホームグラウンドが堺市に
・ホームページ https://baseball-sakai.jp/
・Twitter https://twitter.com/sakai_cityclub
・Instagram https://instagram.com/sakai_shrikes

(文・写真 SAZZY)

ページトップボタン